良いWebサイト、悪いWebサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
IMG_7898

良いWebサイトと悪いWebサイトの見分け方を知っていますか?

良いWebサイトは「ユーザーの目的を達成していて、そのことが自社の目的達成につながっているサイト」、悪いWebサイトは「ユーザーの目的も、自社の目的も達成していないサイト」です。

今日はWebサイトのユーザビリティ改善のプロジェクトで、その道の第一人者ともいえるコンサルティング会社でユーザーの行動調査があり、見学してきました。

実際のユーザーがWebサイトをどんな風に見て、何を考えているのか、実際にPCを触ってもらいながらインタビューしていくのですが、こちらが想定していないような行動を取ることも多かったです。

こちらの目的は「お申し込みをもらうこと」なのですが、ユーザーからしてみると申し込みに足る情報がなかったり、問い合わせたくてもフォームが見当たらなかったりして、申し込みという目的達成まで行かないんですね。まだまだサイトに改善余地があると思いました。

コンサルの仕事をしていると、いまだに多数派なのがページの美しさ重視でWebサイトを作ろうとする人です。同じくらい多いのが、「ホーム、事業内容、会社概要、、、」みたいな当たり障りのないメニューを揃えてサイト作りが終わってしまっている人です。

ページがいくらきれいでも、ユーザーが探している情報がなかったら、そのページには価値はありません。同様に、それなりに作ったそれなりの情報量のページではユーザーの期待に応えることができません。

ぜひみなさんも自社やご自身のWebサイトが目的を持ったものになっているか、その目的が達成されるような作りになっているか、チェックしてみてください。

イベント情報などが届くメルマガ登録はこちら

写真は紀尾井町にできていたルイ・ヴィトン(この間まで駐車場だったのに)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする