起業するネタもスキルもない、という人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

会社を辞めて起業準備を進めていたのにトラブルがあり、転職して勉強しなおそうかという友人とランチしました。

その準備を進めていたビジネスではもう起業ができないので、働きながら起業に必要なスキルを身に付けて、また起業したいネタが出てくるまで待とうということでした。

僕は、「転職して働いても起業のネタは出てこないと思うし、サラリーマンやっても起業に必要なスキルは身につかない。というか、起業に必要なスキルを身に付けるのに一番早いのは起業すること。起業するのに一番大変なのは、起業しようという一歩を踏み出すことで、そこはもうクリアしたのだから、元の位置に戻る必要はない」と伝えました。

多くの人が

・起業するには経営などの特別なスキルが必要

・起業するにはビジネスのアイデアなどの「ネタ」がないとできない

と思っています。

この2つはどちらも間違いだと思います。上記の考えに対する僕の答えはこうです。

・起業するのに特別なスキルは必要ない。「モノやサービスを売って、お金をもらう」という当たり前のことができれば、あとのものは自然とついてくる

・起業するのに特別な「ネタ」や「独自のビジネスモデル」は必要ない。基本的には数ある既存のビジネスから自分の好きなものを選び、それに自分なりの味付けをするだけ

ちなみに僕が運営しているオンライン・ワインショップは、同業の友人に1時間だけヒアリングして、あとは全て自分で勉強しながら、競合のやっていることを見ながら始めました。そこに「メール読者限定販売」という味付けをして、今、売上は小さいですが、利益率は高いです。ワインビジネスの悩みの種である在庫を持ってないので。

続きはまた書きますね。

「The Life School グランピング in 軽井沢」開催します

メルマガ登録はこちら

ライフスタイル起業・経営塾はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする